読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨ふり

本日マーフリーズボロ訪問日。ゆっくり起き、寒くて天気が悪かったので午前中は宿で準備などをし、昨日の残り物で昼食にして、昼前に車でピックアップしてもらって出立。片道1時間弱ほどの道のり。MTSUは郊外にある州立大学で、今日はそこのセンターを訪問。学部の中にラジオ局があるし、センターは創立30年以上、素晴らしいコレクションを持っていて、しかもあとで聞くと予算も安定。すばらしい。所長のGreg先生に2時間半ちかくもお話をきかせていただく。有難い。単にコレクションを集めてファンシーに見せるだけ、という状況に対する懸念をGreg先生もNさんも共有してくれるのがうれしい。そもそもなぜ私の本拠地ではこれを全然わかってもらえないのだろうか。歴史家じゃないからわからないのだろうか。もどかしい。

大変勉強になる話をたんまり聞かせていただいて、学内のスタバで休憩してから、夜はライブへ。Music City Rootsという週1回のアメリカーナのライブで、伸びてきていたりかつてベテランだったりしたアーティストたちが出演されるという。Nさんのつてで、なんとグラミー賞アーティストにご招待いただいて聞かせていただいた(めっちゃオーラがあって男前! 握手しちゃった)。お肉とコールスロー、マッカンチーズ(アメリカのソウルフードというがはじめてたべた)とアイスティーで食事にしてからライブを鑑賞。このライブがもう、ほんっとうに素晴らしくて、Nさんによればはずれの日もあるらしいけど今日は大当たり。1組目のSouthern Avenueが特に気に入っちゃって、あとでStaxから来月出るというCDを即時予約してしまった。ウェブサイトなんかで見るよりずっといい。Southern Avenueは何度も「ポジティブメッセージ」の歌!ということを強調するMCをしていた。

www.southernavenueband.com

2組目はサックス入ってたし、3組目はCicada Rhythm、ジュリアード出のベース弾きのお姉さんの素敵な歌声。

www.cicadarhythm.org

4組目はバンド結成50周年を超えるカントリーバンドExileの円熟の芸。本当に素晴らしかった。送ってもらって宿に戻ってからも興奮して眠くならないくらい。これで中レベルとかナシュビル恐ろしすぎる。アーティストの層が厚すぎ。