読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく晴れたマドリード

目覚しでしっかり早起きして髪を洗い、まずは朝食探し。近くのカフェでクロワッサンのサンドイッチと、生絞りのオレンジジュースをいただく。4ユーロ以下でうまい! スペインには生のオレンジをお店で絞るオレンジジュース絞り機というのがあって、そこから出てくるオレンジジュースが本当に美味しくて大好き。けっきょく旅の間じゅう飲み続けた。

緊張しつつ地下鉄のチケットを買い、乗り継いで大学へ。大分早くついたがなんとかなった。今日はトレスケベドコレクションにアクセスさせてもらう。すごい。チェスマシーンにケーブルのゴンドラ。ナイアガラにまだあるらしいし。テレキネもすごい。後でトムに言わせると彼は「発明家」として評価されすぎていて他の人からもらったアイディアをどう評価するかとかでかなり議論があったり、モデルのレベルでうまくいっても実際はどうかとかいう話があったそうだが、それでもいろんな機械がすごく面白い。沢山写真を撮らせてもらった。見学は9時半から1時間ほどだった。

f:id:noctifer:20170428103614j:plain

それからは、道に迷いつつ計算機センターの展示も見て、そのあと街中へ。まずはソル駅近くのvodafonesimカードを買い(スペインでは買うのにパスポートがいるけど、設定までやってくれて親切。予定通りsuperyuserにした)、マヨール広場を経由して、サンミゲル市場へ。

f:id:noctifer:20170428203054j:plain

あまりにおなかが空いていたので、混んでたけどここで色々食べた。ガスパチョクロケット、チーズやイクラのタパス、ウニを焼いたもの、パエージャなど。

f:id:noctifer:20170428134011j:plain

おなか一杯になって、王宮方面へ歩いていく。まずは南側のカテドラルを見学してから、北側の王宮へ。

f:id:noctifer:20170428220352j:plain

王宮は広いしとってもゴージャスだった。王様のポートレートもいろいろあった。

f:id:noctifer:20170428224247j:plain

飾りに飾られたいろんなお部屋(撮影禁止)はさすが日の沈まない国といった雰囲気で、ゆっくりと見学。

そのあと修道院を覗いてみるが、どこもうまくチケットが取れず、フラメンコ用品店のマティへ。スペイン語であいさつしつつ、アバニコを発見したが、店員さんが忙しそうだったのでまたの機会ということにして退店。いったん宿に戻って休憩してから出直して、地下鉄にのってカサパタスへ。着いたら最前列に案内されて、サングリアを頼むと、相席にコロンビア人のお兄さんが座った。そのお兄さんが言うには、フラメンコはフランコ政権時にはナショナリズムに利用されたので、スペイン人では好まない人も多いのだとか。ともあれ、カサパタスは非常にいい雰囲気で、始まる前からちょうど真後ろでギタリストさんがギターの調整をしているし、あっという間に満席になったし、これは期待できるとおもったら期待通りだった。カンテのブレリア、おおどりのタンゴ、ギターのソロ、ソレアポルブレリア、バタのアレグリアス、フィンデフィナーレ。ものすごく熱の入った踊りで、本当にすばらしかった。特にアレグリアス!

f:id:noctifer:20170428211531j:plain

大満足。暗くなりつつあったが人の流れに乗って地下鉄で帰宿。