読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暖かい日曜日

論文を書いているとよく眠れない。そういえば博士論文を書いているときもどうしても寝ないと倒れてしまう、みたいなときはいつも睡眠薬で強制終了していたことを思い出した。

朝から執筆。少し昼寝。頭をすっきりさせて続き。外が暖かいので新ポケモンを獲得する意味でも散歩。あまりにも動かないと頭も動かなくなる。帰宅してまた執筆。夜からのスカイプ会議がストレスで食欲がわかない。

なんとなく予感した通り、スカイプ会議はdisasterで、まぁはやい話が、仕事がなっとらん、何がいいたいのかわからない、会議でも極めて非協力的な態度である、と厳しく叱責されたのであった。こちらとしては、向こうの質問や発言に指示語が多くて、何がどれかわからなくてすれ違いが多発したので、いちいち確認しながら進めていたのだが、どうもそれもあかんかったのかしらん、聞かれたことを説明しようとして途中で遮られてよけいわからんなるわ、もうほんまにdisasterであった。私の説明が明晰だったとはとても言えないが、このところずっと朝から晩までこの作業をしていたにも関わらず、非協力的な態度とまで何度も言われないといけないのはいくらなんでも理不尽に感じた。時間が限られてるのにちゃんと説明しない、と言われたって、はじめから後の予定を言ってくれれば私だってアジェンダ立てなおすし、そもそも開始が20分遅れたのはそちらの都合…と思ったけど、言ってもまた怒られるだけだと思ったので言わなかった。なんでこんな指導学生以下みたいな取扱いをされないといけないのか。もう色々嫌になって、Gにさんざん愚痴を聞いてもらってから、ぐすぐすしつつ就寝。
この人と共著すると必ず数か月に一回こういうことになるんよなー。謝って反省するまで追及をやめない、みたいなことになる。他人に対するコントロール欲強いのかなあ。もう無理こんなん。