暑いけどやっぱ秋

良く寝て6時前に起きた木曜。おなかがすいたので朝からポテトと玉子を焼いて食す。残りものを順番に片づけるフェーズ。朝から登校してまずはメール仕事から。親、学会、出版社などにメール。途中、気分転換がてらdratiniを捕まえに行き、raidを1回。外は夏のように暑い。出版社からかなり忙しいスケジュールのメールが来たので、そのことも考えて構想の練り直しをする。こういう作業は脳みそを絞らないといけないやつ。脳が寝ていてもできる作業とは違う。腹をすえて色々考える。ここで箇条書きをつくっておくだけで全然違うということを経験で知っている。途中Katieと、私がいなくなるとオフィスが本当に静かになってしまう、本当に時間が過ぎるのが早かった、ディナーとかにも呼ぼうと思っていたのに、という会話をしたり、先日の残り物のケーキをつまみつつなぜアメリカのケーキはこれほど甘いのかという話や(砂糖が安いから仮説)、ローカーボダイエットは環境負荷が高いという話をするなど。夕方まで頑張って一区切りつけて退散。Coffmanでraidしてから、今日の夕方はY君と夕食。チゲ食べてからコーヒー。なんだかいろんな話をした。若人は悩むものなのであろう。牡蠣食べに行く約束をしたり、マンスプレイニングの話をしたり、カリキュラムの組み方、理論の話、笑顔の練習の話など。きっと彼は出世するであろう。頑張ってほしいもの。帰宅してからデルタの情報を見て、とりあえず東京までは行けそうなのでとにかく行くことに決める。遅くならないように就寝。ここで寝るのもあと2晩だとは。

かなり汗かいた

夏みたいに暑い水曜。すっかり忘れていたので、朝からバスに乗って生協に行き、チーズを土産用に3つ、いま食べるように1つほど買って帰る。それにしても台風が来ているようですんなり帰れるかどうか不安。まあスタックしたことは複数回あるのでいざとなればどうにかなることはわかっているのだが、荷物が多いので面倒だな、といったところ。昼前メッセージが来て、coffmanでraidを一回、steel towerではし損ねて、13時からお世話になったSさんとコーヒー。色々日本とアメリカの踊りの教室事情や、結婚生活がどうといったことなどについて話して盛り上がる。日本でまた会いましょうといって別れた。思えば色々な出会いがあって有り難い1年だった。その後は研究所に戻って色々な手配やメール仕事などを様々に。夕方は早めに帰って残り物のパスタを片付け、それから支度してバスに乗ろうと思ったがなかなか来ないのでライトレールに切り替えてAJのクラスへ。今日も基本のタンゴのテクニカなど。AJも素晴らしい先生だった。色々な人と別れを惜しんで辞去。教室が終わったら暗くなっているのを見て、すっかり秋なのだなあと思う。ちょうどバスが来るところだったのでバスで帰宅。思えばなぜこの最後のさいごになって7番バスで帰ることを覚えたのかという気もするが。夜はゆっくり休む。

ちょっと夏が戻ってきた感じ

リベンジの火曜朝。目覚ましもなく6時半に起きて、7時半までには出立してバスを乗り継ぎパティスリー46へ。アーモンドチョコ2袋、ドライフルーツのチョコがけ、ボンボンなどを買い、ついでに美味しそうな菓子パンなども買う。帰りのバスが30分後だったのでコーヒーも買って、お外で初秋の朝食。

f:id:noctifer:20170912084558j:plain

帰りのバスは大学行きエクスプレスで早かった。いったん帰宅して荷造りしなおして登校。まずはこの数日ほったらかしになっていたメール仕事。正午ごろにDinaがリンゴを持ってきてくれた。ワックス無しのsweet tango! 感謝。ついでに11月の日本旅行の話などをする。それからnewsletterの原稿を直して出し、F先生に頼まれた原稿の草稿を書き、13時からは研究所でお茶会。ズッキーニやキュウリが取れまくる話、シカゴのファンシーなレストランの話、日本の大学に女性が少ない話、アメリカのinterestingな現職大統領の発言がランダムすぎてポリシーが見えないけどとりあえずtwitter大好きということだけはわかるという話など。newsletterの点検をKatieにしてもらって提出してこれはdone. East Bankまでraidに行ったりしつつ、メール関係の仕事をこつこつこなす。しかし最近送別会が多くてよくしゃべっていたからか、今さらちょっとfluencyが増した気がする…。夕方ガーデンに行ったらY君が来ていただけだった。せっかくなので私が面倒見ていたものは少し引き継ぐことにする。帰宅して残り物のリゾットなどで夕食。

ちょっと夏っぽい感じ

やる気の出ない月曜。とりあえず朝はメールの返事などをして、遅めに出立してバスに乗ってはるばるCafe Enaに行き、早めの昼食をとる。セビーチェとチップがうまかった! けど、メインの鶏スパイシーごはんがちょっと多くて半分はボックスにしてもらった。

f:id:noctifer:20170911112823j:plain

f:id:noctifer:20170911114259j:plain

そしてなんと主目的のパティスリー46が月曜閉店で(チェック失敗)、そのままバスに乗って帰宅。14時にY君がキッチン用品を取りにきてくれた。いろんな用品が無駄にならずにすんでよかったよかった。彼にはあと4年あるし。その後いまさら登校する気にならず少し昼寝して、それからパソコンをあけてダイニングで仕事。夜は月曜のColetteのクラスの(私にとっては)最終回。ブエルタがはじめてうまくいってハイタッチ! Coletteは本当にすぐれたダンサーで、色々なことを学ばせてもらった。Rossも(なんとバイク事故にあったそうだ! あぶない)今日で最後ということで、セビージャでの再会を誓ってお別れ。Graceも今日で最後。I will miss you all! 帰ってから朝につめてもらった残り物のごはんに目玉焼きをのせ(大正解)、リンゴやキュウリなどと一緒に食し、水をたっぷりのんで就寝。

暑さがもどった

ダラダラ日曜日。午前中はマンガなどを読んでゆっくりする。ソーセージなどを昼食に食べ、あまりにダラダラするわけにもいかないので、久々に川沿いに散歩に出た。ついでにゲームもする。思い出深いカエルのスタチューで写真を撮り、橋を二つ渡る。帰り際でメッセージが入り、一生懸命歩いてキャンパスへ。raidを二つこなし、ガーデンの野菜をすこしピックアップして、汗だくになって帰宅。暑さがもどって脱水気味。夕食は残り物でツナトマトうどん。なかなかうまくいった。少し荷造りの続きをしてから本を読んで就寝。

いい天気の秋の日

朝9時に起きてファーマーズマーケットに買い出しに行く。今日の目標はお土産を買うこと。追加のはちみつ、レーズンパン、それからサラダ用のミニトマトなど。それからタラゴンのソーセージ。さっさと帰宅して支度して出立。しかし後で気づいたが靴を持参するのを忘れていた。今日は昼頃からスタジオでオープンハウス。Susanaに靴を借りて、とりあえずお試しクラスを30分ほど受けて、GraceとHildeと一緒にソレアポルブレリアの発表。何とかやり切ってよかった! その後Coletteのお試しクラスも受けて、シャンパンで35周年の乾杯をして(Susanaに前によんでもらって「スペインで再会しよう」といって大歓声)、それから振付ワークショップの成果を見学。Coletteの作品が本当にめっちゃよかった!! これは本当に劇場で見たい。Graceのも好みだった。そのあとはパーティで、スパイシーなソーセージのホットドッグやらチップスなどを食べ、ワインとビールを少々頂き、会うのが今日で最後になる人達(Eveさんとか)にあいさつして辞去。マンガを読んだりして夜はゆっくり過ごす。どうせ帰ったらめちゃくちゃ忙しいし、最後の1週間はあまり頑張る気がしなくなってきた。

夜はけっこう涼しい

寝て起きたら外が寒くて12度。さすがミネソタである。朝から残り物でホットケーキを焼く。なかなかうまくいって満腹。研究所に行って色々と作業。帰国してからの手配、予定の調整、授業の準備関係など色々。うーん、浮足立っていてよくない。午後からはコロキアム。前に留学したときに秘書をされていたBarbalaが来ていた! 彼女も私のことを覚えていてくれた。なんでも2年前に定年退職して、いまは朝もラッシュのなか運転しなくていいしゆっくりコーヒー飲めていいわ♪ 学生に会えないのはさびしいけど、と言っていた。彼女にもお世話になった。再会できて嬉しい。ハグして再会を喜んだ。マレーなとかサリーとかにも会い、あと1週間ほどで帰国の旨を伝える。サリーにはまたおいでと言ってもらった。こうやって何度も来られるというのは本当に有難い場所に巡り合ったものと思う。コロキアムはジェニファーの発表だったが早口すぎて非常にきつかった。宗教と科学の話。もうちょっと予備の勉強がないと厳しいかも。その後は皆は歓迎会だというので私はてくてく歩いて帰宅。

19時にLiliとBradにピックアップしてもらって、Cafe Latteで送別会! Liliはキラキラの箱でペルーのバッグをプレゼントにくれた。他にはSam, Trung一家など。赤ちゃんのトミー(5か月半)が前に会った時より大きくなっていて、だっこさせてもらったりした。SantiはTommyで遊びまくっていた。危なっかしい(笑)。スープとパン、ケーキとコーヒーなどをいただく。皆と再会を誓ってお別れ。古い友達がいてくれるのは本当にありがたい。送ってもらって帰宅。コーヒーのせいでなかなか眠れず、なんとなくおなかの調子も悪かったので(多分ミルクのせい)マンガなど読んで眠れるまでごろごろしていた。