読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものすごい晴れ

早起きして荷造りし、荷物をもってチェックアウトして出立。シンプルだけどいい宿だった。また使いたい。地下鉄を乗り継いでRenfeのアトーチャ駅へ。時間があったので駅のカフェでジュースとパンで朝ごはん。荷物のチェックを通し、特急で2時間半ゆられてセビージャへ。私の乗った車両は双子の1歳児はいるわ、電話で話す人が続出だわでものすごく賑やかだった。外は快晴で、前半はひたすらオリーブ畑が続き、後半にはオレンジ畑がまじっていた。

f:id:noctifer:20170502172930j:plain

セビージャ駅についたら物凄い人! 皆フェリアに出かけるらしく、タクシー乗り場は長蛇の列。これはいつまでたっても乗れないということで、急遽予定を変更して市バスに乗った。混んでたけどこれが結局正解で、15分ほどで町中へ。少し歩いてホテルにチェックイン。このホテルが小さいけどものすごくお洒落で、屋上にパティオはあるし、スタッフは親切だし、大正解だった。

f:id:noctifer:20170502212134j:plain

一休みしてから街に出る。マドリーよりもずっと小さいし、通りも狭いけど、空の色はビビッドだし、建物はかわいいし、すごく魅力的。フェリアなのでそこここにおめかしした老若男女がいるのもすてき。まずはカテドラルの近くのタパス屋さんで食事。スペイン語しか通じないがどうにかした。チーズやオムレツがうまい。それからカテドラルを見学。運よく並ばずに済んだが、とにかく巨大! こんなものすごいカテドラルがあり得るのかとビビった。何やろなあ、これ。バチカンもすごかったけど、これもすごいよ…。

f:id:noctifer:20170502223417j:plain

f:id:noctifer:20170502224514j:plain

f:id:noctifer:20170502225038j:plain

f:id:noctifer:20170502231147j:plain

ゆっくりぐるりと見学して、ヒラルダの塔にも上った。ケルンの大聖堂を思い出すような高さだった。素晴らしい眺め。

f:id:noctifer:20170502235441j:plain

降りてお土産屋さんを覗いてからオレンジの庭で一休み。普通にオレンジの木が植わっているのにびっくりする。そりゃオレンジジュースもうまいはずである。それから少し歩いてフラメンコ博物館へ。明日のショーを予約して、中を見学。空調がきいていないのか暑くて、熱暴走しているコンピュータもあった。見終わったらいったん宿に戻って、少し昼寝して一休み。暑いので疲労もたまりやすい。

夕方になってから再出立。バスでフェリアの会場へ。ホテルのスタッフに教えてもらったバスは番号がどうも間違ってたみたいだけど、まあまあ近い方向まで行ったので途中で降りててくてく歩く。ビシッとスーツを決めたおじさまとか、素敵な衣装をきこなしたマダムや少女がいっぱい歩いていて眼福である。とにかく見ているだけで楽しい。まずは地図をチェックして、公設カセタ3つを覗こうと決めたが、実際には公設カセタはもっとあった。1つ目の公設カセタではビールを買って飲んだ。あまりセビジャーナスはかかってなかったけど、皆とにかく思い思いに踊ったり飲んだりしていて楽しそう。

f:id:noctifer:20170503035204j:plain

f:id:noctifer:20170503035353j:plain

写真を撮りまくりながら通りを歩く。10代くらいの女子のグループはカメラを向けるとにっこり笑ってくれたりする。綺麗!とほめたりなど。

f:id:noctifer:20170503044327j:plain

f:id:noctifer:20170503043310j:plain

カセタの中だけでなくて、普通に通りに集まって、皆で歌ってパルマしてパリージョ鳴らしてセビジャーナスを踊っている人たちもいた。お祭り大好き! Gに踊りを覚えてもらっていたら私も踊ったんやけどなあ。

f:id:noctifer:20170503050056j:plain

セビージャの春祭りを見る、という夢がかなって大満足。2時間ほど歩き回って、バス(これまた番号を間違えた)とトラムを乗り継いで街中に帰還。そのへんのレストランで生ハムやねっとりしたオックステールのクロケッタ、サラダなどを食べ、ビールを飲む。

この辺りに物売りの黒人がいたのだが、食べ終わって帰るときに人通りの少ない通りでつけられていることに二人で気づき、人通りの多い通りに出て速足でだいぶ歩いた。かなりの距離つけられていたが、ホテル近くでまいて帰還。まぁ2人で良かったし、人通りの少ない通りに少し入ったのもつけられているのに途中で気づけて良かった、と思うべきか。道でつけられたというのは2002年のプダペスト以来かも。