読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲はあるけど暖かい

朝から髪を洗って、残り物のカレーを食べて出勤。昨日に引き続き研究ノート。今日は博物館の方のセクション。書く内容は決まっていてメモもあるのに、説明や構成の仕方で苦労して時間がかかる。遅くなりすぎないように引き上げ、リカーショップでお土産のシードルを購入。帰宅してやはり残り物のカレーを食べて、夜はAJのクラス。タンゴのテクニカ。やっぱりちょっと足が弱い気がするなあ。それから追加でセビジャーナス。昔習ったときよりちゃんと踊れてる気がする!

帰宅してもうちょっと作業しようと思ったら、共著者からメールが来ていて、4月上旬まで作業できないとかありえない、知的誠実さに欠けるのではないかという主旨で、学部生に学生指導するような内容。ていうかもう3月29日なんですが。なぜたかだか4月上旬まで待ってほしいということでそこまで言われねばならぬ、何故私がまったく無知な前提?と思い、かくかくしかじかの事情なのでご賢察ください、と返事したが、それにさらに来た返事が、これくらいの作業なら空き時間にいますぐできるはず、という内容。私の上司でもなく、私の労務管理担当者でもないのに、私の「空き時間」がどれくらい利用可能かについてなにゆえそこまで上から目線で指示されねばならないのか。ハァ!?となったが、反論を送る時間と手間が無駄なので、承知しましたやります、とだけ1行メール。そのあとも何か来てたけど知らん。だいたい自分が仕事遅れるときは、出張だ、授業だ、締め切りだ、来客だといくらでも理由を付けるのに、私の事情についてはすべてくだらない言い訳扱いというのが理解不能。いくらなんでもひとのことなめすぎちゃいますか、と思わずにいられない。