読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も晴れ!

目覚ましを遅めにかけて寝たらけっこうゆっくり寝られてすっきりした。起きて着替えて昨日と同じカフェへ。小さめのサンドイッチとカヌレ、コーヒーで朝食にする。ついでにハガキを投函する。宿に戻って荷造りして10時にチェックアウト。今日はこれから列車を乗り継いでManchesterに行く。Euston駅からDistrict lineに乗り、Victoria駅で乗り換えて、Euston駅へ。もう列車は入構していて、いつでも乗っていいということだったので、あと15分で発車であることだし早速向かう。Virgin trainという特急列車で、片道27ポンドだった。列車は11時発で、到着はちょうど13時。列車はどの駅にも止まることなく一昨日のBletchleyをすーっと走り抜け、どんどん北へ。道中はひたすら田園地帯で、馬か羊が見えるのだった。日本で、首都から第二の都市へ向かって特急を2時間走らせたとして(東京から大阪?)、発車15分で田園風景ということはなかなかあり得ないと思う。英国の人口分布ってどうなってるんだろうか。雲の多い晴れのなか、予定通りすんなりとManchester Picadilly駅へ到着。Manchesterは路面電車とバスが市内交通の要なのだった。さっそくトラムに乗ってホテルへ。少し早かったがチェックインすることができた。さっそく充電をしながらメールの返信仕事をやり(英国に来てから初めてだ)、昨日F&Mで買ったミニケーキを食べて少し腹ごしらえをし(ドライフルーツとウィスキー入りで美味しい)外へ出立。まずはTown Hallまで歩いて行った。重厚で素敵な作り。

f:id:noctifer:20170310002225j:plain

それからJohn Rylands Libraryへ行ってみたら、これが大正解! 建物は素敵だし、科学史関係のいろんな史料も展示してあるし、デジタル資料が見られるようにしてあって14世紀の天文学の本とか(明らかにアリストテレス自然学)リチャード2世につかえた料理人のレシピメモとかを眺めることができ(ただし手書き文字が難しすぎ)、ちょっとした楽しい時間を過ごす。

それから散歩がてらマンチェスター大聖堂まで歩いて行った。ここは戦時中にドイツ軍の爆撃で壊滅して、再建に20年、細かいところの復旧にはまだ(2017年現在も!)かかっていて、ようやく終わりそうということだった。行ったらオルガンビルダーがオルガンを組み立てていた。これは今年の春に完成するらしい。ステンドグラスの美しい大聖堂だった。

f:id:noctifer:20170310015005j:plain

裏のショッピングモールを歩いてみるが、Sheilaに頼まれたManchester Unitedのグッズなどどこにも売っていないのだった。最悪、空港ならあるだろうか? ムスリムが「イスラームは平和と慈悲の宗教です」とテントを立てて音楽を流しており、アメリカではなかなか見ない光景なのでちょっとびっくりした。

夕食は貝とトマトソースのパスタにして、サイダーも飲んだ。早めに宿に帰って色々と事務作業など。