読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日が暮れると寒い

午前三時になぜか日本のK先生のメッセージで目が覚める。彼女はぷんぷん丸であった。寝直してゆっくりめに登校。スカイプなどに備えて色々資料のまとめ。夕方からはコロキアム。こちらの大学にお勤めのM先生にようやく遭遇してご挨拶。周りの先生方にも今まであってないなんてクレイジーと言われる。自分でもそう思う。いちおう懇親会についていき、ビールを1本飲んで、少し社交。帰りに学内のウィンターライツを眺めるなど。氷点下11度で立ち尽くすとさすがに寒い。