読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨っぽいのが微妙にいや

明日から寒くなるらしい。朝から研究所で博論の某副査の某岩波文庫を久々に読む。第8刷である。私はこの本が出るとき、授業でこの内容を勉強して、解説へのコメントつけもやったのだが、もうびっくりするほど理解が違った。めっちゃわかる。というより前にこれを読んだときは本当に全然わかってなかった、ということが心底身に染みた。いったい私は何を読んでいたのか。私の目は節穴か(たぶん節穴)。ああー、これってこういうことか、みたいな、前の理解度を2割とすると、今の理解度はたぶん8割とは言わずとも7割は超えていて、なんかもう色々衝撃的だった。人間、20代後半からでも成長するんや…。もう色々なことがクリアになった。とくにvNのこととか、Tが取り組んだことがどう解釈されてたとか。同時に謎も増したが、それは良いことだと思う。あーほんまに一体何なのか。

読み終わらずに帰宅。さっと着替えて踊りのお稽古へ。18日は内輪の発表会らしい。えらいこっちゃ。とりあえず振りの順番は入れたが、ちゃんと踊り込めるだろうか。うーん。そしてセビジャーナスも問題。思い出さんと!