読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいぶ暖かくなった晴れ

7時頃起床。今日もとりあえず地下のジムに行って、筋トレと有酸素運動。明日はお休みにしよう。シャワってスペイン語の勉強して、ブランチに残り物のカレーを食べ、メールなど見てたら眠くなって小一時間昼寝。午後は天気が良かったのでまず歩いてCoopに買い物に出かけ、ビネガーやチーズなどを買い、一旦帰宅してから水辺に散歩にでかけた。これはもう天気が良くないと寒くて無理なので。今日だけでだいぶ動いたな…。ワインなど買って帰宅。夜はメール仕事など。

そういえば今朝はなんかすごい変な夢を見た。ソ連みたいな国で忍者っぽいスパイ活動をしていて、2人組でとあるビルの最上階を目指すという夢。味方のふりをしてニセ作戦のチラシを見せたり、鍵をつかって扉を開けたりして、見つかったり見とがめられたりしないようにどんどん上に上がっていく。途中、母校の8階院生部屋にいたような人たちもいる。最上階に至る鍵を持ち出すことに成功し、最後の踊り場にトラップがあって虚空に落ちかけるも、JOJOのスタンド的な能力で背を押してもらって落ちずにクリアし、目的の部屋を開ける。中は真っ暗である。ふと目を戻すと、階段で我々のことを目撃している黒人の少女がおり、彼女が駆け出すのだが、でも逆にこの部屋まで来たら我々は許されるのだということを(なぜか)知っている。気づくと部屋に照明がともっており、和式のお手洗いが見えるが、これは実は処刑室らしい。そこで突如サイレンが鳴る。実はこの部屋の扉を開けると歴史が変わってしまうのである。建物の外を覗けば、そこには星条旗をもった人々がいて、どうやら二次大戦前夜ふうのアメリカになってしまったようである。米ソが入れ替わったのか。

起きたらなんだか昔の実家にいるような気分で、隣のベッド(実在しないが)に妹がいるような気になっていた。