読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語で芋の話をするときの言葉いろいろ & Sweet Potatoes食べくらべ

 

拙日記の人気記事のひとつ「英語で言う芋いろいろ」。

noctifer.hatenablog.com

最近アクセスがすごい。なぜなのか、と思いつつも、これはもともと6年近く前の記事であって、ちょっと追加研究も必要な気がしてきた。というわけで、8年ぶりの米国暮らしを記念し、生協やスーパーに行っていろいろ確認してきた成果をここで報告したいと思う。

相変わらず大規模チェーン系スーパーでは、sweet potatoといえば「アメリカのyam」(=オレンジ色の水っぽいサツマイモ)であるが、地元の生協に行くと状況が違う。何種類ものsweet potatoが品種ごとに分けられて山をなしているのであった。どうやら、sweet potatoには白・黄色・オレンジの3種類があり、白は「フワフワして水分少なめ」(fluffier and drier)、黄色やオレンジはものによって水分多めだったりするようである。

品種は非常にいろいろである。たとえば白いサツマイモでも、Bonitaという品種は甘く、O'Henry Whiteという品種は甘さ控えめで水分も控えめと売り場の説明書きにある。いわゆる赤や紫の皮のサツマイモは本当にいろいろで、BeauregardやらGarnetやらPurpleやら、しょうじき見た目だけでは全然区別がつかない。なお、日本のサツマイモも売られていてその名もSatsumaimo Sweet Potatoと書かれていた。「サツマイモサツマイモ」かよ!と思ったが、それを言ったら椎茸だってShiitake mushroomこと「シイタケタケ」なので仕方ない。Japanese purple sweet potatoという表記もあるようだ。いずれにせよ米国のサツマイモは水分が多くて、料理をしたときに形を崩しやすいというのが特徴らしく、 日本のサツマイモは売り場の説明によれば"maintains its structure with cooking"(料理しても形を保ってる)ということらしかった。

とにかく、「英語で言う芋いろいろ」は非常にベーシックな分類であって、実際に一緒にご飯食べたりスーパー行ったり(京都なら)錦市場を歩いたりしながら英語で説明していると、単に名指しするだけでは伝わらない。芋を形容するための英語の語彙が必要であろう。というわけで、以下「英語で芋の話をするときの言葉いろいろ」。

 

mildly sweet: 甘いけど控えめ

the sweetest: めっちゃ甘い

dry: 水分すくない

moist: 水分多い

squishy: やわらかい(握ったら形が変わるような感じの柔らかさ。アメリカのオレンジのyamはmoistなので焼いたらsquishy)

soft: やわらかい

firm: かたい

texture: 歯ざわり

skin: 皮

bake: 焼く(オーブンとかで)

puree: 裏ごししてピュレにする

fry: 揚げる

 

ご参考までに。 

ところで、せっかくなので実際にsweet potatoを3種類買って焼き比べてみた。品種は左からBonita sweet potato, Satsumaimo sweet potato, Purple sweet potato. 正直言ってPurpleとSatsumaimoの違いが見た目ではさっぱりわからん。

f:id:noctifer:20161019114210j:plain

焼き方は洗ってホイルにつつんで、350F(160C)のオーブンで2時間半。ゆっくり焼くのは糖化の時間をとるため。

f:id:noctifer:20161019114242j:plain

できあがりはこちら。まずこれがPurple Sweet Potato.

f:id:noctifer:20161019114316j:plain

そしてこちらがSatsumaimo. 焼いても見た目で見分けるのは不可能。

f:id:noctifer:20161019114349j:plain

これがBonita Sweet Potato. 写真ではわかりにくいが、焼いている間に水分が噴き出したらしく、アルミホイルの隙間から鉄板に焦げ付いていた。切ってみても明らかにこれだけ水分が多い感じ。

f:id:noctifer:20161019114430j:plain

並べるとこう。手前から、Purple, Satsumaimo, Bonito.

f:id:noctifer:20161019114456j:plain

見た目では違いがわからないPurpleとSatsumaimoだが、食べ比べてみると、なるほど確かに少し味が違う。Satsumaimoのほうが(おなじみの)香りがする。たぶんこれをnutty flavorとか言ったりするんだと思う(ナッツみたいな香り)。Purpleは甘味こそ同じくらいあるものの、食べたときに口の中に広がる香りが少し違う、というかあまり香りがない。サツマイモっぽい香りがあまり好きでない人は、むしろPurpleのほうがいいのかも?

Bonitoは水分の多さもさることながら、甘味が弱く、かなり淡泊な味だった。ちょっと普通の芋に近づいたような感じ。これは何に向いてるのかなあ…といろいろ考えたけど、甘すぎないsweet potatoポタージュが作れそう、と思いました。水分が多いので、グラタン的なものとか、ポタージュ的なスープに向いてると思う。あっさりしてるのできっと食べやすそう。

というわけで、Sweet Potato食べ比べでした! 形や色が似てても、それぞれ品種によって違うもんですな!